• 11/15/2022
  • 製品情報

LIQUI MOLYで電気自動車でもしっかりとブレーキを

電気自動車にも搭載されている新型車両のシステム用に開発されたブレーキフルード「DOT 5.1 EV」

ハイブリッド車や純粋な電気自動車は、従来の燃焼エンジンを搭載した車とは様々な点で異なります。これは、駆動機だけでなく、加速が再び抑制されることを保証する部分、つまりブレーキにも当てはまります。車両用化学製品のスペシャリストであるLIQUI MOLYは、電気駆動車両のためにブレーキフルード、DOT 5.1 EVを特別開発しました。これにはいくつかの理由があります。

従来の内燃エンジンを搭載した車両には、電気自動車やハイブリッド車と同様、ブレーキシステムが装備されています。いずれの場合も、ブレーキフルードは通常2年ごとに交換する必要があります。「しかし、共通点はそれだけになりました。電気自動車の諸要件は完全に異なる場合があるからです」とLIQUI MOLYの研究開発部長であるダヴィド・カイザーは言います。そのため、車両用化学製品のスペシャリストである同社はブレーキフルード、DOT 5.1 EVを開発しました。EVは電気自動車の略です。

部分的または完全に電動化された車両のブレーキシステムの要求がより厳しい理由はいくつもあります。「まずは腐食保護です」とダヴィド・カイザーは言います。「電気モーターはブレーキとしても機能し、そこからバッテリーのエネルギーを生成するため、機械式のブレーキシステムはあまり使用されません。これは局部的な腐食につながります」。これに対抗するのが、特別な添加剤です。

「しかしこれは、電気自動車のブレーキシステムの動作が悠長であるという意味ではありません」と LIQUI MOLYの開発責任者は言います。「これらの車両は通常、内燃機関で駆動する車両よりも重量があり、危険が生じた場合には急ブレーキをかけなければならないような高速度にすぐに達します。その結果、ブレーキはたちまち非常に高温になります。当社の新しいDOT 5.1 EVのようなブレーキフルードは、ブレーキシステムが高温のときにも機能しなくてはいけないため、高いドライ沸点とウェット沸点が必要です」

3つ目の特性は、可能な限り低い電流伝導率です。これは、電気システムがブレーキシステムの近くにあり、電気的に十分にシールドされていない場合に重要な役割を果たします。そうした場合には、電気歯ブラシや携帯電話の電磁誘導充電と同様に、ブレーキシステムで電圧が誘導され、ブレーキフルードが劣化したり、腐食が促進されたりすることがあります。

4つ目の特性は粘度です。「エンジンオイルと同様に、流動挙動は流体の性能にとって決定的な役割を果たします。粘度が低いほど、エンジンはより速く潤滑されます。低粘度のブレーキフルードはシステム内のブレーキインパルスを迅速に伝達し、ABSやESPなどの電子ドライブアシストシステムはより良好に機能し、さらに敏感になります」とダヴィド・カイザーは言います。

エンジンオイルなどのブレーキフルードに言えることですが、使用可能なもののみを使用してください。承認と仕様は“万物の尺度“です。

Peter Szarafinski
Head of Media Relations International
電話:
+49 731 1420-189
ファックス:
+49 731 1420-82
電子メール:
peter.​szarafinski@​liqui-​moly.de