低速プレイグニッション(LSPI)を避ける

#車

LSPI とは何ですか?いつ発生し、どのように防ぐことができますか?この問題に関して知るべきことを説明します。

LSPI とは?

ロー・スピード(低速)・プレ・イグニッション(LSPI)という用語は、エンジンの事前点火の現象を表します。これは、予定されたイグニッションより早く起きる意図しない燃焼です。燃焼室内での早い爆発は、自然なピストンの動きに逆らって作用します。 これにより、エンジンノッキングが発生し、重大な修復不能なエンジン損傷につながるおそれがあります。 

LSPI は多くの場合、小さな爆発という形でエンジンに軽い揺れを引き起こし、例えばシリンダヘッドガスケットの破損、ピストンリングの摩耗、またはコンロッドベアリングシェルの故障などの損傷が発生することがあり、その結果、重大なエンジンの損傷にいたるおそれがあります。 

LSPI はどのように発生しますか?

低回転かつ低速での早期点火の問題は、最新の直接噴射式の高圧縮エンジンで、低回転領域と高負荷域で走行する場合にのみ発生します。その理由は、これらのエンジンの機能構造が最大出力に合わせて設計されているため、エンジン内部の燃焼が通常のエンジンよりも早く、より高温で行われる必要があるからです。これにより燃料は短時間だけ気化し、液滴が発生し、アフタ・グローにより清潔でない不完全な燃焼を引き起こすおそれがあります。

低回転数での走行と冷えたエンジンにより、このような事前発火が助長されます。しかし、間違ったエンジン・オイルの使用も LSPI の原因となることがあります。 直接噴射式エンジンが必要とするのは低粘度オイルです。これらのオイルは燃焼室に容易に移動し、必要なより速く、より高温の燃焼を行うための爆発性混合気を形成します。爆発が起こりうる時間枠がわずかしかないため、この一連の作業はスムーズに、複雑さなく動作し、異常な爆発を予防する必要があります。

LSPI を防止する方法

可能な限り、低温での低回転走行は避けてください 。さらに、事前引火を防止する特殊なエンジン・オイルを使用してください。LSPI を防ぐために専用設計されたスペシャル Tec AA シリーズのエンジン・オイルおよびスペシャル Tec DX1 が開発されました。仕様 API SN Plus+RC 以降は、さらに LSPI テストが行われます。

Special Tec DX1は、合成技術をベースにしたハイテク高潤滑エンジン・オイルです。燃費を最適化し、冷間始動時の優れた作動、最適な摩耗防止、優れたエンジン清浄性を実現します。LSPI を最低限に抑える革新的な添加剤技術により、エンジンの寿命を延ばします。さらに、オイル交換のインターバルが長く、エンジンの要件が高い場合に最適です。

このエンジンは、ガソリン・エンジン搭載の GM およびオペル車両の要求のために特別に開発されました。しかし一部では、クライスラー、フォード、キア、ホンダ、ヒュンダイ、マツダ、日産、トヨタなどの自動車メーカーも、さまざまな車両モデルで、この仕様の潤滑剤を使用しています。

  • 卓越したエンジン清浄度
  • 優れた摩耗保護
  • 燃料消費量の低減を約束
  • ターボおよび触媒テスト済み
  • 低速プレイグニッション(LSPI)または確率論的プレイグニッション(SPI)の減少

スペシャル Tec AA エンジンオイルは、先進のアジアおよび米国のガソリンエンジンに最適です。これは特に、オイル交換のインターバルが長く、エンジンへの要求が高い場合に最適化されています。

  • 低速プレイグニッション(LSPI)の減少
  • エンジン寿命をより長く
  • 卓越したエンジン清浄度
  • 最適化された摩耗保護
  • 燃料を節約し、有害物質の排出を低減
  • 経時安定性を最適化