• 6分

短距離走行 - その影響と予防措置

#ビンテージカー
#車

頻繁に短い距離を走行すると、車両が早期に損耗しやすくなります。特にエンジンシステムがこれに当てはまります。ここでは、その悪影響と対処方法について詳しくご説明します。

短距離走行がエンジンシステムに及ぼす影響

10km以下の短距離走行ーー市街地などでーーに伴う頻繁な冷間始動は、エンジンの機能に悪影響を及ぼします。このような短時間では、最適な作動温度に到達できません。エンジンオイルが最適な温度に上がらないため、すべてのエンジンコンポーネントに達せず、こうしたコンポーネントを潤滑して摩擦、摩耗、損傷から保護することもできません。

また、温度が低いため、噴射された燃料も完全には燃焼しません。これにより一方では燃焼残留物の発生が増え、時間の経過とともにインジェクションノズルや燃焼室に堆積します。これに伴って燃費が大幅に上昇し、エンジンがスムーズに作動せず、最悪の場合、高額なエンジン損傷につながります。そのもう一方では、未燃焼の部分がオイルパンに達し、そこでエンジンオイルと混ざります。この混合によりオイルの潤滑性能が低下し、長期的には高額な損傷を引き起こす可能性があります。

ディーゼル微粒子フィルターも影響を受けます。ディーゼル微粒子フィルターは、現代のディーゼル車両の法定排出ガス基準を満たすために欠かせない構成部品です。これは燃料燃焼中に発生する排気ガスからすすをろ過し、燃焼させます が、短距離では約600°Cの燃焼温度に達しません。その結果、時間の経過とともにディーゼル微粒子フィルターが目詰まりを起こし、燃料消費量が増加し、エンジンに問題が生じることがあります。

短距離走行による損傷の予防

短距離走行すると、通常よりも早くオイルが汚れます。したがって、汚れたエンジンオイルは、定期的なオイル交換の際には、メーカーが指定した間隔以外であっても、必ず新しいオイルと交換するようにしてください。最寄りの当社サービスワークショップが迅速かつ簡潔に対応いたします。

ワークショップを探す

さらに、インジェクションシステムに付着した堆積物を定期的に取り除くか、できれば予防措置を講じることが求められます。スーパーディーゼルアディティブ、あるいはインジェクションクリーナーはその両方に適しています。これらはご自身で簡単に使用することが可能で、給油のたびに燃料に補充することができます。この燃料添加剤はインジェクションシステムから堆積物を取り除き、短距離走行を続けても新たに堆積物が形成されるのを防ぎます。固着した残留物がノズルニードルから確実に除去され、燃料の着火性が向上します。エンジン温度が低い場合でも燃料の燃焼プロセスが最適化されるため、エンジンオイルに混入する燃料残留物が大幅に減少し、エンジンオイルの汚染が低減されます。

短距離走行を頻繁に行っても微粒子フィルターが長期間にわたって完全に機能するように、ディーゼルパティキュラーフィルタープロテクターを予防的に使用することをお勧めします 。この非常に効果的な添加剤は、燃料燃焼中のすすの発生を低減し、ディーゼル微粒子フィルターの再生助剤として機能するため、排出ガスの削減に効果的に貢献します。