「私たちが今やっていることは間違っていますか? 私たちは、販売している以上のものを寄贈しています」

なぜ「販売する以上のものを寄贈する日々が良き日々」なのかをエルンスト・プロースト取締役が一斉メールの中で説明します

盟友の皆様

私たちが今やっていることは間違っていますか? 現在私たちは、販売している以上のものを寄贈しています。 これには2つの理由があります。 まず、ビジネスは理想的に進んではいません - その程度ならまだ自慢と言えるほどですが。 第2に、私たちはドイツ中から、そして私たちが活動している他の多くの国々から数多くのお問い合わせ、申請、要望を受け取っています。 救急隊、救急車、食事の宅配サービス、移動介護サービス、障がい者や患者の移動、消防、ドイツ赤十字など。
私たちの模範的なコミュニティ、公共心、および救助システムが世界中で他に類を見ないものであることは、もはや驚きではありません。 車両とテクノロジーはその中の要素の1つに過ぎません。

そこには人が必要です。私はこれを再びはっきりと目の当たりにしました。 多くの人々が、公共の利益のために、こうした分野でボランティア活動をしています。 私はそこに最大の敬意を払います。 この国は時々ピンチに陥ることがあるものの、現時点で私たちは、無私で献身的に、そして隣人愛に基づいて行動する社会を誇りに思っていいでしょう。

この危機のもと、Liqui Molyはいつもより一層公共の福祉に協力する機会を得ました。 私たちはこれを、当社が生産する製品を救急サービスに無料で譲渡するという形で実行しています。 すでに何百件ものご注文を発送しました。 もちろん、配送料も負担しています。 寄付証明書も頂いていません。 そして、現在これらのお問い合わせとご注文の処理と発送のみを担当するチームをウルムで編成しました。

これはすべて本当に素晴らしいことだと思います! 私たちが販売する以上のものを寄贈する日々。 これは素晴らしい日々です。❤

 
 

エルンスト・プロースト