「不自由なネズミ?」

LIQUI MOLYのエルンスト・プロースト取締役が群本能と革命志願者について語る

従業員各位

 

数は、物事が正しいか正しくないかを決めるものではありません。言い換えれば... 正しいか正しくないかを判断する際には、群本能が働きます。公の意見や優勢な世界観は必ずしも役立つものではありません。 「荒れ野の声」が受け入れられ、敬慕されることがよくあります。ただし、最初に馬鹿にされた後ですが... 発明家に関しても同様です。 新しいものは受け入れがたいものです。 これまでの慣れ親しんだものをずっと変えない - これが私たちが好むものです。 「それをやったことはない!」、「前にそれはうまくいかなかった!」、「誰もそんなことをする人はいない!」‐ これらは、新しいものや別の物に対して、過去の出来事、意見、数の多さを引き合いに出してよく言われる台詞です。 すべての人がいつも同じことをすると、想像力の欠如と単調さにより変化と多様性が損なわれます。 楽観主義と勇気なくして、必要な変化 / 刷新 / 改善は起こりません... 画一性より多様性を! 不可能はありません! 長く議論することも馬鹿げています。

 

荒れ野の声は、美しい光景です。 水の流れに逆らって泳ぐ魚もこれ然り。 ドイツには「死んだ魚だけが水の流れと共に泳ぐ」ということわざがあります。 生き生きした企業文化には、試してみることが必要です。 失敗する危険を冒す方が、何もしないよりよいことです。 世界は変化しています。 取り残されたくなければ、一緒に変化しなければなりません 発展することを拒んだために、数多くの企業が経済史の藻屑となっています。 私たちも常に新しい発見に努めなければなりません。 新しい道を行き、 新しいことにチャレンジしなければなりません。 このように努めても、意外性のない結果に終わることもあります ‐ 新しいアイデアを常に持ち続けている企業でも... 「Bilder und Geschichten」の最新号をお読みください。 そうすれば、私の言っている意味が分かるはずです。

 

革命志願者のように毎日振舞う必要はありません (振舞ってもいいのですが)。 管理を少し減らし、創造を増やすことを希望します。 それに責任を持つのは、私たち全員です。 リサーチと開発部門だけ、そして政治家や大臣たちだけの責任ではありません。 結局のところ、私たち全員の未来に関わるのですから。 未来について心配する人は、心配は脇に置いておいて、未来を一緒にどのようにして作っていくかについて考えと衝動を推し進めるべきです。 企業として、社会として、国家経済として。 私はこの心配した、「あぁ未来は不確かだ」というしかめっ面がまったく好きではありません。 恐怖は人を不自由にします。 不自由さは自然に発生するものではありません。

 

私たちは成功し続け、取り組んでいきます!

 

Ihr

エルンスト・プロースト