2019年度ベストブランド

最高のオイルブランドの名は、LIQUI MOLY

ドライバーはLIQUI MOLYを勝者に選出し、「Motorrad」誌で初めてタイトルを獲得

政治家が選挙結果をドキドキしながら待っているように、自動車業界関係者は毎年の主要自動車雑誌の読者アンケートの結果を手に汗握って待っています。 600万人以上の読者が、最高のオイルブランドが誰かについて投票するように呼びかけられました。 結果は明白でした - 勝者はLIQUI MOLY。 LIQUI MOLYの取締役であるエルンスト・プローストは「私たちは、ドライバーの皆様にお寄せいただいた信頼に感謝しています」と述べています。

「Auto Motor and Sport」、「Auto Bild」、「Auto Zeitung」、「Motorsport」の各誌の読者は、現在、LIQUI MOLYのものほど優れたオイルはないということで意見が一致しています。 「最高の品質で生産することがまず一つ」とエルンスト・プローストは言います。 「もう一つは、ドライバーの方々がこうした最高の品質をしっかりと認識するということ」。

結果には、製品の品質だけでなく、LIQUI MOLYの広範なサービスも反映されています。 オンラインのオイルガイドは、多様なオイル仕様が乱立する中でそれぞれの車に適したオイルを見つけるのに役立ちます。そして、技術的な質問は、ホットライン、Eメール、フォーラムで迅速に回答されます。 さらに、中規模企業のものとしては規模の大きなマーケティング活動がこの結果に貢献したことも明らかです。 先ごろLIQUI MOLYはハンドボール世界選手権、ノルディックスキー世界選手権、バイアスロン世界選手権などでその存在を示し、間もなくF1、MotoGP、アイスホッケー世界選手権にも登場します。

「Auto Bild」誌の読者はLIQUI MOLYを8年連続で最高のオイルブランドとして選出し、Auto Motor und Sport」と「Auto Zeitung」の両誌ではなんと9年連続で選出されました。 「そういった結果は一人でに出たわけではなく、私たち一人ひとりがこの成功のために日々懸命に努力しているのです」とエルンスト・プローストは語ります。 「だからこそ私たちは、こうした栄冠を得たからといって安心はしないでしょう」。 目標は明らかです。 「2020年には、10年連続で最高のオイルブランドに選ばれることを望んでいます」。

LIQUI MOLYは、中核事業の枠を超えても成功を収めてています。 車両ケアのカテゴリーでは、このブランドは「Auto Zeitung」と「Auto Motor und Sport」の両誌で2位となりました。 そしてLIQUI MOLYは今年、ヨーロッパ最大のオートバイ雑誌「Motorrad」の読者アンケートで初めて勝利を収めました。 「これで私たちのオイルはバイカーにとっても最高のオイルとなりました」とエルンスト・プローストは言います。

ドイツとオーストリアでは、読者のアンケートが、今後数か月の大規模な広告キャンペーンの号砲となります。 さらに4月には、大規模なLIQUI MOLY懸賞がスタートし、中でも40,000ユーロ相当のメルセデスベンツCLAシューティングブレークが3台、抽選で当たります。 LIQUI MOLY製品を購入されると、請求書または領収書をもとに参加することができます。 この懸賞は年末までおこなわれます。