企業

品数4000を超える自動車化学製品のフルレンジ

大企業に勝るとも劣らない中規模企業 - 2006年以降、売り上げは3倍に増加

LIQUI MOLYの最も重要な柱は、エンジンオイルと添加剤ですが、 補修用製品、カーケア製品、グリースとペースト、アンダーボディ保護、フロントガラス接着剤なども販売しています。 そして、製品を効率的に使用するためのツールや装備がここ々に加わります。 合計4,000を超える品を擁するLIQUI MOLYは、世界で唯一の自動車化学製品のフルレンジサプライヤーです。 LIQUI MOLYは、自動車用の製品に加えて、オートバイと自転車、商用車と建設機械、園芸用機器と産業用途、ボートと小型飛行機用といった製品ラインを独自に有しています。

LIQUI MOLYは、一貫して高品質の製品を提供するために、オイルと添加剤をドイツ国内で生産しています。 私たちは一番安いのではなく、一番いいものを提供したいのです」と、マネージングディレクターのギュンター・ヒアマイヤーは言う。 当社は高品質の製品だけに留まらず、広範なサービスもお客様にご提供しています。 ドイツでの100人を超える営業担当者による整備工場のサポートから、研修、広告素材、整備工場の個別サイネージ、あるいはお客様のご要望に基づいた新製品の開発まで多岐にわたります。

モータースポーツとの密接な関係はLIQUI MOLYの伝統です。 当社は現在、MotoGPオートバイ世界選手権に携わっており、Moto2とMoto3の全チームがLIQUI MOLYのオイルを走行に活用しています。 また、TCRツーリングカー選手権でもLIQUI MOLYのロゴを目にすることができます。 非常に大きな価値のあるウィンタースポーツのスポンサーシップパッケージにより、LIQUI MOLYは、モータースポーツが休みに入る時期でも、注目を集め続けます。

こうした活動により、ブランド認知度が向上します。 LIQUI MOLYはドイツで毎年のように最高のオイルブランドに選ばれています。 高い認知度は、売上高にも反映されます。 売上高は2006年以来3倍になりました。 LIQUI MOLYは、Shell、Total、BPなどの巨大コンツェルンにも引けを取らない中規模企業として広く知られています。

現在、LIQUI MOLYは主に輸出ビジネスで成長を遂げています。 主な国際市場はロシア、中国、米国です。 当社はドイツの国内市場では現在、非常に強力な地位を占めており、さらなる成長が困難なほどです。 それでもなお、ドイツは依然として最も重要な市場です。

LIQUI MOLYの創業は今から60年以上も前の1957年に遡ります。 最初の製品は、固体潤滑剤である二硫化モリブデン(MoS2)を含有し、エンジンを摩耗から保護するオイル添加剤でした。 このオイル添加剤は60年以上も経た現在でも生産されています。 また、当社の社名はこの添加剤に由来します。 LIQUI(液体)は液体添加物を指し、MOLYは二硫化モリブデンを指します。

ラインナップは長年にわたって拡張されてきました。  2018年には業務執行出資者であるエルンスト・プローストは株式をWürthグループに売却しましたが、引き続きLIQUI MOLYの取締役を務めています。2022年、エルンスト・プロストが引退し、長年セールスマネージャーを務めていたギュンター・ヒアマイヤーが経営を引き継ぐことになった。

データで見るLIQUIMOLY

取締役

ギュンター・ヒアマイアー

売上高

7億3,300万ユーロ(2021年12月31日現在)

従業員数

1008人(2021年12月31日現在)
生産拠点 ウルムとザールルイ(ドイツ)
製品ラインアップ
  • エンジンオイル
  • ガソリン、ディーゼル、オイル、クーラント用の添加剤
  • 外面および内部用のカーケア製品
  • 防錆剤、エアコンクリーナー、排気管修理用品などの補修用製品
  • ディスク交換用の修理セット
  • その他の潤滑剤 - ギアオイル、油圧オイル、グリース、ペーストなど
  • 合計で4000品目を超える様々な製品があります。 添加物だけでも、毎年1600万個以上の缶に充填されています。
輸出 150か国以上に向けて