Wähle ein anderes Land oder eine andere Region, um Inhalte für deinen Standort zu sehen. Select another country or region to see content for your location. Seleccione otro país o región para ver el contenido de su ubicación. Selecteer een ander land of een andere regio om de inhoud van uw locatie te zien. Vælg et andet land eller område for at se indhold, der er specifikt for din placering. Voit katsoa paikallista sisältöä valitsemalla jonkin toisen maan tai alueen. Choisissez un pays ou une région pour afficher le contenu spécifique à votre emplacement géographique. Επίλεξε μια άλλη χώρα ή περιοχή, για να δεις περιεχόμενο σχετικό με την. Scegli il Paese o territorio in cui sei per vedere i contenuti locali. 別の国または地域を選択して、あなたの場所のコンテンツを表示してください。 Velg et annet land eller region for å se innhold som gjelder der. Escolha para ver conteúdos específicos noutro país ou região. Välj ett annat land eller område för att se det innehåll som finns där. Konumunuza özel içerikleri görmek yapmak için başka bir ülkeyi veya bölgeyi seçin. Chọn quốc gia hoặc khu vực khác để xem nội dung cho địa điểm của bạn

Diese Box wird angezeigt, da die Seitensprache nicht mit einer den Browsersprachen übereinstimmt.

Close




「マン・オーバー ボード、人が落ちた! すぐに援助を!」 – 大切なのは金の袋ではなく、職場です!

エルンスト・プローストが最新の一斉メールで、「危機的状況でも、あるいはそれだからこそ、全員のために最大限を成し遂げること」の重要性について言及

親愛なる乗組員の皆様

 

現在、「マン・オーバー ボード(人が船外に落ちた)!」という言い方を非常によく耳にします。 ただし、助けを求める叫びではなく、人事部への命令「人を船外に落とせ」という意味で。

私たちのもとではそうではありません! 私たちには、このコロナ危機の最中でも、1000人のスタッフがモチベーションを保ち、喜んで仕事に向かうための処方箋があります! 我が社では、時短勤務、レイオフ、損失はありません。 そうした目標を前にして、私たちは最強の集団です。 誰も逃げ出さず、誰もが協力します。私自身も給与を完全に返上します。 我が社では誰もが責任を持って慎重に仕事を行い、工場に向かい、出荷します。つまり、看護師、介護士、医師が患者に対してそうであるように、自分自身を犠牲にする準備ができています。

自らの企業が危機の中でチームに対して、スタッフに対して、社員に対してどのように振る舞うかを世間に向かって示す1000人の誇り高い人々。 これは、世界に向けて、つまりお客様、隣人、友人に向けて示されます。 そしてもちろんマスコミにも。 私たちのあらゆる活動と動機は、我が社のホームページで伝えられます。 私たちはそのことについて喝采、賛意を収め、認められます。

これが我が社がうまくいっている理由です。 イースターの追加支給では、各共同起業家ごとに500ユーロの費用がかかりました。 その前には1000ユーロ。合計で150万ユーロのコロナ特殊勤務手当。 これはとても良い投資です。 多くの同僚が今本当に現金を必要としています。 他の企業でもそうでしょう。その一方で、人件費を一般社会に転嫁するために時短勤務を登録したり、人員を解雇したりする賢しらな企業もあります。 彼らは膨らんだ金袋の上にあぐらをかいています。 では、そのお金をそこに投げ込んだのは誰でしょう? まさに今見捨てられている人々です。 残念ながら、とても多くの無責任な企業がちょうど今、まさにこうした愚行を行っています。 近い過去に稼ぎ出した数百万、数十億の利益を忘れて。 2か月の逆風 - たった2か月で、国家に向かって叫び、「人が落ちた!」と叫んでいます。それも、助けを求める叫びではなく、命令です!

私たちは違います! 私たちは、自分たちの会社、人々、お客様、社会、国のために責任を負います。 私たちは皆、2008年と2009年の金融危機のことをよく覚えているはずです。 私たちは当時、同じやり方を実践しました。 その一方で、給与をカットし、従業員を解雇し、時短勤務を推し進め、人々を後ろ盾として自らの利益を安定させる企業もありました。 なんてことでしょう。 とても愚かなことです! 私たちはとても強くなってあの危機を克服しました。今回と同じように行動したからです。 私たちは自分達が何をしているか分かっています。そして、これは正しいというだけでなく、仲間と関わりあうための唯一の適切な方法であることも知っています! 何百万、何十億ユーロもの利益を企業やビジネスにもたらしているのは、まさにそうした人々です。 危機の時には、決してそれを忘れてはいけません!

人々は、困難な状況にあるときに企業が彼らに何をしたかを忘れません――尻を蹴られたのであろうが、援助を得たのであろうが――。援助は、企業の生き残り、それに伴い、彼らの仕事をかけた闘いの援助でもありますが、それはもちろん企業の将来の収益源を確保するためでもあるのです。 では、誰がそれを実行するべきですか? 考えてみてください。 こうした背景のもとで、業務を遂行できるすべての人を家に返し、時短勤務やレイオフによって人件費を節約し、一般社会に負担を押し付けるのが理にかなっているのか、私は疑問に思います。 大切なのはまず、企業の建設的な社会的意義を維持することであり、収益の最大化だけではありません。 大切なのは金の袋ではなく、職場、付加価値、税収、そして私たちの有意義な社会保障制度への雇用者と被雇用者の貢献です。 各々がわずかな利益にしがみつくのではなく、全員のために最大限を成し遂げることです。 多くのことが可能です。危機的状況でも、あるいはそれだからこそ! 

 

 

エルンスト・プロースト

取締役


日本