• 08/23/2021
  • 製品情報

添加剤とは?

LIQUI MOLYがモーターのためのビタミンとは何なのかをご説明

添加剤とは?

定義:  添加剤とは、特定の特性を得るまたは改善するために製品に少量添加される補助/添加物質のことです。

使用

LIQUI MOLYの添加剤は、ご自分でエンジンに直接、または給油前に燃料タンクに注入することができます。 こうした使用に際して整備工場に出向く必要はありません(使用上のご注意が製品の背面に記載されています)。

添加剤の使用によってコストを節約できますか?

LIQUI MOLYの添加剤には、燃料消費の削減やエンジン動作の最適化など、顕著なメリットがいくつもあります。 ただ、それよりさらに大きいのは間接的なメリットです。 LIQUI MOLYの添加剤でエンジン、オイル・燃料システムを洗浄、ケア、保護すると、車両の信頼性が高まり、耐用年数が延びます。 当社の添加剤を利用することで、経費のかさむ修理を簡単に避けることが可能になります。

エンジンの汚れ

あらゆる燃焼プロセスはエンジン内に小さな微粒子を残します。 燃焼室、噴射ノズル、バルブ、またはノズルニードルに堆積する堆積物です。 その結果、 エンジン性能が低下し、燃料消費量、煤煙排出量、有害物質などが増加します。 LIQUI MOLYの添加剤は、蓄積した付着物を除去し、新しく堆積物が発生することを防ぎます。 そして燃焼が最適化されます。

冷却装置の漏れ

冷却装置に漏洩がある場合は、添加剤を用いてそうした問題を解決できます。 添加剤が小さな漏洩箇所をすぐに完全に密封します。 冷却水をひっきりなしに補充したり、漏れの箇所を探したりする必要はもうありません。

低温

温度が0℃以下になると、ディーゼルのパラフィンが結晶化し、燃料フィルターが詰まってしまう可能性があります。 これはLIQUI MOLYの「Diesel Fließ Fit」で防ぐことができます。 燃料の品質に応じて、マイナス31°Cまでディーゼル燃料を液状に保ちます。

燃料の品質

最新式のエンジンは、高い品質の燃料を必要としています。 しかしこれは国によって異なる場合があり、場合によってはガソリンスタンドごとに異なることさえあります。 燃料の品質が低いと、エンジンは完全な性能を発揮できず、円滑に走行できなくなります。 燃料が正しく燃焼せず、残留物がエンジン内部に蓄積すると、損傷が生じるおそれがあります。 LIQUI MOLY添加剤は、燃料の品質を大幅に向上させることができます。

シーズン車両/運転停止車両

ガソリンは無制限に保存できるわけではなく、経年劣化します。 LIQUI MOLYの適切な添加剤を使用すると、この劣化プロセスを遅らせることができ、同時に燃料システムを腐食から保護することが可能です。 これは数ヶ月間にわたり走行しない車両では重要な対策です。 また、芝刈り機やチェンソーなどでガソリンエンジンを長期間使用しない場合にも役立ちます。 これを怠ると、劣化したガソリンがエンジンに問題をもたらしたり、腐食によってエンジンに損傷が生じるリスクが生じます。 また、農業/建設機械、ボート、キャンピングカーなど、操業停止時間が長いディーゼル車両でもリスクが生じる場合があります。 条件が整えば、菌類、バクテリア、酵母がディーゼル燃料で増殖することもあります。 タンクが底の部分で昼夜にわたり“呼吸”することから凝縮水が発生して集まり、燃料に少しずつ広がりますが、これがそれらの成長に必要な水となります。 さらに、ディーゼルに含まれる硫黄、リン、微量元素などの化学結合物は、そうした成長に大きく影響します。 これらの菌類、バクテリア、酵母はフィルターや燃料ラインを詰まらせてしまいます。 タンク内の微生物の増殖を防ぐために、LIQUI MOLYの抗菌ディーゼル添加剤を定期的に使用してバクテリアの発生を防ぐとよいでしょう。

オイルのロス

車がオイルをロスしたり無駄に消費したりする場合は、ガスケットの経年劣化が原因である可能性があります。 LIQUI MOLYはこれに関しても添加剤をご提供しています。 ゴムやプラスチック製のガスケットをよみがえらせ、ソフトで滑らかな状態にします。 これでオイルのロスが解消されます。 配合成分がその効果を発揮するためには約600〜800キロメートルの走行が必要です。

環境保護

添加剤は環境保護に貢献します。 クリーンなユニットは燃料をより効率的に燃焼し、燃料に含まれるエネルギーを最適に使用するからです。 堆積物で汚れたエンジンよりも、燃料の消費量が低くなります。 こうしてCO2排出量が削減され、環境にプラスの効果がもたらされます。

安全性

添加剤は、ブレーキやシートベルトなどのように、運転の安全性に直接役立つものではありませんが、 車両の操作上の安全性に多大な貢献をしています。

オイル添加剤

これらは直接オイルに添加されます。あらゆる市販のエンジンオイルおよびギアオイルに適しています。 これによりオイルの特性が向上し、摩耗やオイルの消費が抑えられます。 そして平滑運転特性が加わることにより、内部摩擦が軽減され、燃料消費量が低減します。 エンジンとギアボックスの耐用年数が延び、動作の信頼性が保証されます。

燃料添加剤

燃料添加剤はディーゼルまたはガソリンに直接添加され、 燃料システム全体、噴射バルブ/ノズル、インレットバルブ、スパークプラグ、および燃焼室の堆積物を除去し、その再形成を防ぎます。 そしてガソリン噴射システムのすべてのコンポーネントをケアし、燃料システム全体を腐食から保護し、AU値とエンジンの性能を最適化し、スロットル応答を改善します。 エンジンがクリーンであれば、燃料消費が減り、有害物質の排出も削減されます。

クーラント添加剤

クーラント添加剤は冷却装置に直接混合されます。 ラジエータークリーナーは、冷却システム内の石灰や油性の汚れ、堅くなった表面、スラッジを溶解します。 ラジエーターシールは、毛髪裂や有孔性のはんだ付け箇所といった冷却システム内の小さな漏洩を塞ぎます。 そしてクーラーシールは、予防措置として、または問題の解決に使用することができます。