• 05/11/2021

山々を登って、記録を次から次へと樹立。 猛烈に働いて生き残り。 急落しても、その後には上昇。

LIQUI MOLYのエルンスト・プロースト取締役が、急落してもその後には上昇する、ということについて語ります

ジャーナリストならびに編集者の皆様へ

高い山から次の山に登りたいなら、まずはもう一度谷に降りなくてはいけません。 コロナは単なる谷ではありません。 それは、生命、健康、幸福を飲み込むだけでなく、仕事、生活、企業を破壊する深い穴です。 私たちは昨年この脅威を認識し、何が起こっているのかを感じました。 だからこそ、私たちが持っていたすべてのもの、本当にすべてのものをこの戦いに投入したのです。 テレビやラジオでコマーシャルを行い、ほぼすべての雑誌や新聞で広告キャンペーンをスタートしました。 ショックで麻痺してしまうのではなく、勇気を持って立ち上がりました。 時短操業を申請する代わりに、100人を採用しました。 この膨大な数の人員、そして販売・マーケティング活動により、私たちはコロナ危機から発生するすべての困難に対して力強く抵抗しました。 怖がって泣き言を言ったり、知ったかぶりをしたりするのではなく、取り組んで、やり遂げる! 私たちは一日たりとも、気をゆるめたり、アクセルから足を離したりしませんでした。 そう、楽観主義に加えて、前向きな意味での仕事への執着もありました。 私は、当社の戦略についての質問、疑念、批判にとても頻繁に直面したことを認めます。 ただ、迷わずに前進するには、強い毅然たる姿勢と信頼が強く求められます。 私のもとには今でも、警告し、危惧する「専門家の意見」が寄せられます。 「あなた達、それで上手くいくんでしょうかね?」 
単に当社の職場を確保し、お客様に100%の商品供給を保証するだけでなく、人々が善意を持って共通の目標を追求し、本当に一所懸命に仕事をすれば何ができるかを示し、証明することは「ちなみに」私にとって重要だったし、今でもそうです。 結束、団結、一致協力、思いやり。 一部の人には世間知らずに聞こえるかもしれませんが、私にとってはこれが成功の基礎です。 
3月に売上が19%向上し、4月には1ヶ月で60%増というセンセーショナルな記録を打ち立てました。 売上高は6000万ユーロ。 3月の売上高6500万ユーロに次ぐ、当社史上で2番目に良い成績…。 パフォーマンス、勇気、そして努力は報われないと、誰がもう一度言えるでしょう?
山々を登り、新しい記録を打ち立てたいのであれば、魔法の力が授かるおまじないやグミベアジュースは役に立ちません - ビビ・ブロックスベルクとグミベアギャング(ドイツの子供向けのお話)のことはまだ覚えているでしょう。 ピンチの時に役立つのは、賢く行動し、力を尽くすことだけです。 そうです、思い切り力を尽くし、あきらめない。 息の合ったチームで、各自が自分の持ち場で。 
他には何があるでしょう ? 原材料、包装材、海外輸送用コンテナが大きく不足しています。 また、原材料の追加載貨は、1年前の倍の費用がかかります。 製造と出荷が難航し、面倒を極めています。 しかし、私たちはこのような状況でも愚痴はこぼしません。3シフトで生産し、土曜日にも1シフトで生産しています。 ご注文は溢れるほどですが、品が不足しています。 過去30年の間にはその全く逆のことが何度かありましたが…。人生とはそういうものです。 「時にはあなたは記念碑であり、時にはあなたは鳩です」(糞をかけたり、かけられたり、の比喩)。 
すべてを正しく行えば、墜落しても再び上昇できます。 私たちがそのようにしたことは、第1三半期の売上が見事に証明しています。 コロナ危機の前、2019年の最初の4か月で1億6,200万ユーロの売上を達成しました。 そしてその2年後、いまだにコロナ危機の最中でも、2億2800万ユーロ。 これは6600万ユーロの増加、あるいは40%の成長です。 
Q.E.D.(Quod Erat Demonstrandum - 「証明終わり」)。

これにて擱筆いたします。
 

エルンスト・プロースト
取締役