• 03/31/2022

ガソリン価格の高騰?車のドライバーが節約できること

LIQUI MOLYの製品を利用すると、お財布への影響をおさえることができます。

今、ドライバーがスタンドでガソリン価格を目にすると、涙があふれてくるかもしれません。価格自体に対抗はできないものの、簡単な方法をいくつか用いて自動車のランニングコストを抑えることは可能です。「燃料消費だけでなく、隠れたコストの面でも」とオイルと添加剤スペシャリストであるLIQUI MOLYのダヴィド・カイザー研究開発部長は言います。

エンジンが稼働する度にそこで燃焼残留物が発生し、それがインジェクターにも付着します。インジェクションノズルでは、ガソリンがそれほど細かく噴霧されなくなります。すると燃焼効率が落ち、その結果、エンジン出力が低減し、ガソリン消費が増加します。「それに加えて、燃焼残留物がもっと多く発生し、問題が悪化します」とダヴィド・カイザーは言います。「これは忍びよるようなプロセスなので、ドライバーは通常、消費量の増加には気づきません」。車が古ければ古いほど、走行距離が長ければ長いほど、そしてガソリンの質が悪ければ悪いほど、問題は大きくなります。

そこでLIQUI MOLYのインジェクションクリーナーがお役に立ちます。この燃料添加剤をガソリンタンクに注ぐだけです。エンジンが作動すると、そこに含まれている洗浄有効成分がガソリンとともにインジェクターに送られ、有害な付着物を徐々に取り除きます。「エンジンは元の消費値と性能を取り戻します」とダヴィド・カイザー。「さらに、クリーンなインジェクターでは故障のリスクも減少します。インジェクターは高価なので、これはコスト面で大きなメリットになります」。LIQUI MOLYは、ディーゼルエンジン用の類似の添加剤、Super Diesel Additiv(スーパーディーゼル添加剤)をご提供しています。

オイル交換をどのみち間もなく行う場合は、ランニングコストをさらに削減できます。オイル交換の直前にLIQUI MOLYのMotor Clean(モータークリーン)を古いオイルに注入します。そこに含まれる洗浄有効成分が、オイルの循環系内の堆積物や汚れを溶かし、これが古いオイルと一緒に排出されます。そして新しいオイルがクリーンな状態のエンジンに注入されて、エンジンは最大限の性能を発揮します。「オイルの循環系内に堆積物があるとエンジンのシーリング効果が低下し、燃料消費が増加します」とダヴィド・カイザーは説明します。「これは、回避できるはずの損傷のリスクも高めます」

エンジンオイルを選ぶときに節約の仕方を間違えると、高くつこととがあります。ダヴィド・カイザーは以下のように説明します。「現在のエンジンオイルは、それぞれのエンジンに適合しなくてはいけない液状のスペアパーツであると言えます。間違ったエンジンオイルを充填することは、適していないスペアパーツを取り付けるようなものです。その結果は、オイルの循環系内の摩耗、堆積物の増加、あるいは排出ガス後処理システムの問題から、エンジンの重大な損傷まで幅広い領域に及びます」。したがって、適切で高品質のエンジンオイルにもう少しお金をかけることは良い投資となります。www.liqui-moly.comのオイルガイドでは、照会番号を入力すると、ちょうどその車に適したオイルが表示されます。

オイル交換後、 LIQUI MOLYのCera Tec(セラテック)を1缶、新しいオイルに注ぐこともできます。これは、エンジンを化学的、物理的に保護する耐摩耗添加剤です。Cera Tecは、エンジン内の摩擦を減らすことで保護効果を達成します。摩擦が少なくなれば、燃料消費も少なくなります。「より重要なことは、摩耗が少なくなれば、修理が不要になり、エンジンの寿命が伸びるというとです」とダヴィド・カイザーは言います。

こういったトリックで、ガソリン代をともあれ少しは減らすことができます。ダヴィド・カイザーは、もっと大きな節約効果は他のところにあると言います。「回避可能な修理費用を避け、車の寿命を伸ばすことより大きな節約ポテンシャルは他にありません」

 

 

Peter Szarafinski
Head of Media Relations International
電話:
+49 731 1420-189
ファックス:
+49 731 1420-82
電子メール:
peter.​szarafinski@​liqui-​moly.de